nozaq's diary

ソーシャルな会社でデータ解析やマイニングやってます。 その前は起業してベンチャーやってました。更に前は未踏とかやってました。http://twitter.com/nozaq

EC2インスタンス上でfluentdを動かしてみたメモ

EC2インスタンスのAMIはUbuntu Server Cloud Guest 11.10 64Bitを使用. パッケージはfluentdの安定版をRubyインタープリタ等込みでパッケージングしているtd-agentを利用する. 

    1. fluentd(td-agent)をインストール
      Treasure Data社のDebian/Ubuntu用ドキュメントを参照しながらapt-get用のリポジトリを追加し,インストール(RedHat/CentOS用はこちら).
      > sudo apt-add-repository 'deb http://packages.treasure-data.com/debian/ lucid contrib'
      > sudo apt-get update
      > sudo apt-get install td-agent
    2. 動作検証
      動作検証用に設定ファイルを下記のように編集する.
      > sudo vi /etc/td-agent/td-agent.conf
       <match debug.**>
        type file
        path /var/log/fluentd/debug.log
      </match>
      <source>
        type tcp
      </source>
      td-agentユーザに所有権を設定したログディレクトリを作成し, デーモンを起動.
      > mkdir -p /var/log/fluentd
      > chown td-agent:td-agent /var/log/fluentd
      > sudo /etc/init.d/td-agent start 

      fluent-catコマンドでメッセージを送信し, '/var/log/fluentd/'以下にログが作成されていれば正常に動作している.
      > echo '{"json":"message"}' | /usr/lib/fluent/ruby/bin/fluent-cat debug.test
      > less /var/log/fluentd/debug.log.***